In his tiny 1-room apartment Otaku Boi plays video-games and fights his inner-demons. This short animated film is an adaptation of the Otaku Boi LIVE stage show and uses a mix of animation techniques, performance, chiptune music and a giant costume. Created at the TAMA ART UNIVERSITY, MASTER Course, Department of Graphic Design, Tokyo.

小さなアパートの一室で、ヲタクボーイはゲームをしながら、頭の中に住み着いている悪魔と戦っていた。 「ヲタクボーイ」は、アニメーション、パフォーマンス、チップチューンミュージックや巨大な着ぐるみを 組み合わせたライブパフォーマンスですが、この作品は、それらを動画として再構成したものです。 多摩美術大学の卒業作品です。


  SCREENINGS

Tama Gra Animation Festival, Tokyo, Japan (March 16/17 2019),
Tama Art University Graduation Exhibition, Tokyo, Japan (March 21/22/23 2019),
GINMAKU Japanese Film Festival, Zurich, Switzerland (May 23/25 /26 2019),
Birds With Words (preview screening), Vondelbunker, Amsterdam, The Netherlands (July 25th 2019),
Animation Runs! Himeji, Japan (August 16th 2019),
Cinema da Figueira da Foz – Film Art, Portugal (September 7/9/ 12 2019),
LINOLEUM Animation Festival, Experimental Animation and Video Art Program, Ukraine (September 5th 2019),
Camera Japan, Rotterdam and Amsterdam, The Netherlands (September 26/27th & October 3rd 2019),
TOFUZI International Animated Film Festival, Georgia, Nomination BEST EXPERIMENTAL FILM (October 26 - 31 2019)


 
 
OTAKU BOI - Live at Tama Art University Festival (Main Stage)
「ヲタクボーイ」多摩美術大学芸術祭のライブショー    


OTAKU BOI LIVE: Hybrid Animation

With Otaku Boi LIVE I aspired to create a modern day Gertie The Dinosaur created in 1914 by Winsor Mc Cay. By combining animation, live theatre and modern technology, Otaku Boi melds mediums in this exciting new age, where animation is not just limited to the screens of TV and cinema. This 'hybrid-animation' mixes chiptune music, hand-drawn and pixel animation, collage, a giant puppet with a screen for an eye and a live performer on stage.    

OTAKU BOI LIVE PERFORMANCES

Free Fringe Festival Amsterdam (September 9th & 17th 2017) ,
Warp Zone Video-Game Art Show, Amsterdam (September 9th 2017),
Badhuis Theatre, Amsterdam (September 17th 2017),
ICAF Animation Festival, Kanazawa (November 11th 2017),
ONI'S EGG vol. 1 Koenji Knock, Tokyo (March 30th 2018),
Muryoku Muzenji, Tokyo (October 4th 2018),
Tama Art University Festival, Tokyo (November 2nd 2018),
Tokyo Demo Fest (Including Live-Stream) (December 1st 2018),
Tama Gra Animation Festival, UPLINK Cinema, Tokyo (March 16th & 17th 2019)





OTAKU BOI LIVE: Hybrid Animation

現代のアーティスト(例えば、姫田真武、谷口暁彦、Sin Sin CollectiveやThe Doppelgangers)は、アニメーション、舞台芸術、最新技術を組み合わせた新しいメディアを創り上げている。 革新的なアーティストが数多く活躍しているにも関わらず、この領域を取り上げた研究は極めて少ない。したがって、「Animation Beyond The Screen」という本を書くことにした。 日本のアーティストに感銘を受け、多摩美術大学院修士課程に入学した私はアニメーションを他の分野の芸術と組み合わせた、「Hybrid Animation」 の制作を行っている。作品「ヲタクボーイ」は、 音楽的なパフォーマンスとアニメーションを組み合わせたものである。「オタク」をテーマとして取り上げることで、 ポップアート、近代的消費者社会、人間が人間であるための条件とは何か、について探求することを目的としている。現在まで、「Free Fringe Festival Amsterdam」、「Badhuis劇場」や「Warp Zone Video-Game Art Show」(オランダ)、「ICAF金沢アニメーション映画祭」、「多摩美術大学芸術祭」、「鬼の玉クラブナイト」、「Tokyo Demo Fest」、「無力無善寺」や「UPLINK 渋谷 Cinema」(東京)でパフォーマンスを 行ってきた。 アニメーションと舞台芸術には豊かな歴史がある。 ウィンザー・マッケイは1914年に「恐竜ガーティ」を作った。パフォーマンスとアニメの合成という点で、この作品はアニメーションの歴史における先駆的作品である。私は2015年 に来日し、アニメスタジオ・トーチカで働いて、日本のインディペンデントアニメーターにビデオインタビューした。例えば、田名網敬一さん、水江未来さん、トーチカさんや井上涼さんにインタビューを行った。特に日本の現代のインディペンデントアニメーターが新技術を使って、アニメーションとライブパフォーマンスを融合させ た作品を作っていることに感銘を受けた。新しい技術と組み合わさることで、アニメーションは将来的にさらに刺激的で新しい表現媒体になる可能性を秘めている。部分的にではあるが、すでにアニメーションはテレビや映画の
スクリーンに限定されるものではなくなってきている。
現代の日本のアニメーターについて本とドキュメンタリーを作ること、また、自分のアニメーションとパフォーマンス作品を作り続けることで、アニメーション満ちた日本の現代アートの一部になりたいと考えている。この夢が実現するよう精一杯努力する。
 




Director & Animator
Fay Heady

Starring
Claudio Sanzana

Music
Fay Heady
Oni

Egg Song
Oni ft. Carf Darko & Blipsqueek

Peace & Love Song
Oni & The Tokyo Psychos
Singer: Kamisama
Guitar: Memento Mori

Special Thanks
Nomura Tatsutoshi (Mr. Gon)
Satoru Wono



 

 

 

 
  fayheady@gmail.com